結木礼のちょっと怖い話

結木礼(ゆうき・れい)ライター・編集者。怖い話を中心に、ゆかいな話、おもしろい話など、ゆるゆると書いていきます。お問い合わせは下記URLからお願いします。 https://www.yuki-rei.com/otoiawase

ネコドア

玄関のネコドアがパタンと開き、ミーコが「ニャァ」と鳴きながら入ってきた。
ミーコはもともと捨て猫だったんだけど、いまでは大事な家族。
別れたカレが拾ってきて、「一軒家に一人暮らしなんだから飼えるだろ?」なんて無責任なことをいって私に押し付けたんだ。

ネコドアをつけるときも、玄関に穴をあけるなんて…と、私は反対した。
でも、元カレは私に無断でネコドアをつくってしまった。
そんな勝手な行動も別れの原因になったんだけど、いまとなっては、ミーコが喜んでくれているからヨシとしよう。

最近、新しいカレができたんだ。
はじめてカレが家にきた日、いつものようにミーコがネコドアから入ってきた。
その様子を見て、カレが「怖い話を教えてあげる」と、いたずらっぽく笑った。

————————

ある一人暮らしの女性がネコドアをつけたところ、留守中に人が入った気配がする。
それが何日も続くから、女性は不審に思い、玄関の内側に監視カメラを取りつけた。
次の日、外出先から帰ると、さっそく監視カメラの映像をチェック。
しばらく見ていたが、なんの変化もない玄関の様子にあきて、女性は映像を閉じようとした。
すると、不意に画面のなかでネコドアが開いた。
そこから入ってきたのは、ネコではなく、人間の手。
その手は、信じられないくらい長くのびると、ありえない方向に関節を曲げながら、内側からカギをあけてしまった…。

————————

あまりに雑な怪談に、私は思わず吹き出してしまった。
でも、監視カメラをとりつけるというアイデアは気に入った。
留守中にミーコがどうすごしているかわかるし、オバケはともかく、防犯に役立つかもしれない。
私はカレに頼んで、玄関に監視カメラを取りつけてもらった。

その夜は、カレの部屋に泊まった。
翌日、家に帰るなり、ミーコが「ニャァ」と出迎えてくれた。
ミーコを抱きかかえ、さっそく監視カメラの映像をチェック。
ネコドアから、ミーコがなかに入ってくる様子がばっちり映っている。
玄関で毛づくろいしているミーコの映像を見ていると、画面の奥で玄関のドアが開き、合カギを持った元カレが入ってきた。
最後まで映像を見たけれど、元カレが家から出ていく様子は映っていなかった